2015年9月13日日曜日

au online shopでiPhone 6s 128GB ゴールドを予約しました



 予約開始の16:01から遅れること数時間、au online shopでiPhone 6s 128GB ゴールドを予約しました。現在使っているのは同じくauのiPhone 5s 64GB シルバーですが、正直なところそこまで不満点はなく、すごく欲しいという訳でもありませんでしたが、購入に踏み切りました。今回はその購入理由について徒然と書いていきます。

6s Plusと非常に悩んだ!


iPhone 6の時と同じく、4.7インチの6s、5.5インチの6s Plusの2サイズ展開であり、まずどちらのサイズをとるかで非常に悩みました。なぜ6s Plusと悩んでしまったのは以下の2点に起因します。

画面の大きさ故の情報量のアドバンテージ

私がiPhoneですることは、基本的に、Twitterを見る、feedlyやPocketで記事を読む、動画を見るの3つが主です。いずれも表示領域が大きければ大きいほど見やすいことは言うまでもありません。特に動画は6s Plusの解像度は1920x1080のフルHDであり、1080pの動画をそのままの画質で閲覧することができます。

バッテリーの持ち時間

6s Plusはその本体の大きさ故に、より大きいバッテリーを搭載することが可能であり、事実iPhone 6は1,810mAh、6 Plusが2,915mAhとおよそ1.6倍の差がありました(6s/6s Plusは新機能3D touchが搭載されるため、そのフィードバックに必要なTaptic Engineも搭載されます。Taptic Engine搭載場所確保の為でしょうか、6s/6s Plusは6/6 Plusよりバッテリー容量がサイズダウンしていますが、持ち時間についてはプロセッサが異なるため据え置きとAppleは謳っています)。バッテリー容量が大きいのはスマートフォンヘビーユーザーの私としては非常に魅力的です。

それでもiPhone 6sを選んだ理由


デカすぎ

予約する前に、近所の家電量販店でiPhone 6とiPhone 6 Plusを触りにいきました。6が出た当初も触りに言ったのでわかりきってはいたのですが、やはり6 Plusは非常に大きく、片手での使用は困難です。バンカーリングを装着すればある程度カバーはできるものの、普段携帯はズボンのポケットに収納しているので装着したらしたで入りづらくなることが懸念されました。それ以上に、学生である私は1時間ほど電車に揺られて大学に通学しているのですが、座れることは稀で基本的につり革に掴まってfeedlyを開いて通学時間を潰しています。その為、片手操作をしないことは考えられませんでした。変な持ち方をすれば私の手でも片手操作もギリギリ可能でしたが、「これはいつか落とすな」という持ち方しかできないんですね。

ってかiPad mini持ってんじゃん

iPad mini 2を所有している私は今でも日常的に愛用しており、タブレットとして非常に優秀なデバイスだと感じています。動画を見たり、大きい画面でfeedlyやPocketを読んだりと、iPhone 6s PlusでやりたいことはiPad mini 2でできてしまいます。所持しているのがWi-Fiモデルで、テザリングの面倒臭さや、デバイスを2つ持ち歩かなくてはならない億劫さは解消できませんが、取るに足らない程度のものです。

Androidに乗り換えなかった理由


ギークでナードなガジェットオタクとしては致命的で、Android端末を持ったことがない私はAndroid端末も非常に興味があります。自由度の高さや、Googleのサービスがより密接に使えたりと、iPhoneでできないことを補ってくれるかもという期待もあり、Androidにいつ乗り換えようか、と機種変更の時期にの度に悩んでいます。が、今回もそれが叶うことはありませんでした。大きな決定打でもない限りは、今後も携帯はiPhoneを使っていくと思います。泥タブは今すぐにでも欲しいけど。

Apple Music最高!

AndroidでもApple Musicが使えるようになることは既に発表されているものの、iOSデバイスであれば、ミュージックアプリ内で使えてしまうため、ストレージに入っている音楽とストリーミングで聴く音楽という区別をしないで音楽を楽しむことができます。これがAndroidで実現する可能性はほぼゼロです。

Appleに金をかけすぎた

 音楽にしろアプリにしろ、iPod touch (2G)の時からiOSデバイスを利用している為、もはやAppleから逃れるのは私の場合非常に困難なんです。ノートパソコンもMacbook Proを使っていますし、Appleのエコシステムって本当便利なんです。

Apple Watchという名の手錠

 Apple Watch Sportにウェアラブル端末童貞を捧げた私は、(すごい便利!とは感じないものの)これを今も日常的に愛用しています。Android Wearは先日iPhoneにも対応したものの、Apple WatchはAndroidに対応していませんし、これからも対応することはないでしょう。

なぜ5sのまま闘わないのか


 正直に言って、今使用しているiPhone 5sで大きな不満はありません。あと1年は余裕で闘える端末でしょう。ですが、iPhone 6sに機種変更してしまったのには、いくつかの理由があります。

やっぱ画面大きいほうがいいよね

 そこまでの差はないものの、iPhone 6sのほうが4.7インチと、5sの4インチと比較して大きい画面を有しています。5sが出た当初は「4Sとの差は微妙だけど5sが丁度良いサイズだ」と感じていましたが、友人の6を触る度に「これがベストなサイズなんじゃないか」と思うようになりました。さすがにPlusやNexus 6といったファブレットを触ると「こりゃいかんわ」となるので、4~5インチ帯が、日本人の体型・利用シーンに最も適したものだと感じます。

6sはRAMが2GBっぽい

 今使用しているiPhone 5s、たまにモタつくんですね。マルチタスクだったりゲームをしている時だったりと、プチフリ、稀にOSがクラッシュにまで至ります。5sの小さな不満点で一番大きいものだったりします。AppleはRAMについての仕様は公開しないので、発売後に分解などで分析しない限りはRAMの大きさは判明することはないのですが、iPad Air 2が2GB、iPad Proが4GBと進化しているパターンと、2年に1回のマイナーアップデートの年にRAMの性能向上をさせないのは考えにくいなと個人的に思っています。一部では6sは1GB、6s Plusは2GBという噂も流れていますが、特に根拠のない自信で6sも2GBになると信じております。

これからの動画は60fps時代

 YouTubeが60fps動画に対応したのが記憶に新しいですが、これからの動画は60fpsが当たり前になってくるのではないでしょうか。6s/6s Plusで対応した4Kよりも先に。
 4Kの美しさは私も良く存じ上げていますが、如何せん4Kの映像を楽しむためには多額の投資が必要になります。それと比較して60fpsの映像は、よほどの低スペックパソコン・スマートフォンを使っていない限りは、今世に出回ってるミッドレンジ~ハイエンドのもので十分快適に再生できてしまします。何より、60fpsで映像体験としてすごい自然で気持ちいい。手軽に動画を撮れる端末であるスマートフォンが60fps対応のものであれば、撮った瞬間をより自然に思い出させてくれるんじゃないでしょうか。あ、ちなみにiPhoneは6/6 Plusで既に60fps対応となっているので、6sの新機能という訳ではないんですけどね。

iPhoneにおけるNFCの今後

 iPhone 6/6 PlusからNFCがようやく搭載されるようになりました。が、現状ではApple Payの利用のみに限られており、実質NFC搭載端末たらしめる使い方は不可能なのが現状です。ですが、AppleはNFCの規格策定のフォーラムメンバーになっており今後iPhoneでNFCを利用できるシーンが増えてくる可能性があります。また、絶大な支持がある日本市場において、Apple Payが開始されないことは考えにくいです。

SIMロック解除が可能になった

 今回国内3大キャリアから発売されるiPhone 6s/6s Plusは全てSIMロック解除が条件付きで可能になっています。つまり、どのキャリアで買おうが、キャリアに縛られることなく自分が好きなSIMを使うことができるようになったということです。安い上に無制限プランも用意されていたりということもあって、MVNO人口も増えてきており、私もMVNO運用を検討中ではありますが、さすがに3大キャリアも黙っちゃいないだろうし、MVNOにはまだまだ問題点がいくつもあります。様子見という意味でキャリアの殿様商売にお世話になりつつ、MVNO運用も可能である6sに機種変更というのが、これからを見据えた上で最適解なのではと考え、機種変更に踏み切りました。

なんだかんだ楽しみですよね

 特にこのまま5sを使っていくかどうかという点で、かなり悩みに悩んだ選択ではありましたが、なんだかんだガジェット好きとしては楽しみです。3D touchとかの新機能はあんまり期待してませんし、スマートフォンも今後大きなブレイクスルーが減少していく中で、2年に1回買い換えるのはこれが最後かもしれません。私自身、スマートフォンへの関心が薄くなってきてますしね。とはいえ、iPhone 6sが届いたらTwitterとかで昇天しているんでしょうが。