2013年9月8日日曜日

アーティストの機材を調べられるデータベース「Equipboard」

Equipboard Logo

Equipboard」は2013年1月にオープンした、様々な分野のアーティストの使用機材に特化したデータベースサイトだ。主に音楽のアーティストの情報に長けている。

まだまだ海外での知名度も低く、2013年9月時点で公式facebookのlike数が160、Twitterのフォロワーも2ケタと少ない。

音楽制作に携わる人はもちろん、ある程度音楽の知識を持った方やただのファンも、「このギターのエフェクトはどこのだろう?」、「この曲の分厚い音を出しているDAWはなんだろう?」と思う場面が度々あるだろう。そういった疑問を解決してくれるのがEquipboardなのだ。






とりあえずはトップページを見てみよう。

最近になってFacebook、もしくはTwitterのアカウントでサインアップできるようになった。
ただ、サインアップしたところで、お気に入りのアーティストの機材が変更されたら通知されるようになったりするだけなので、省いても構わない。

使い方はオーソドックスなレイアウトなので説明するまでもないだろうが、上部カテゴリーを選択、もしくは右上の検索ボックスに調べたいアーティストの名前を入れるだけ。
アーティストの名前だけでなく、機材の名前を入れることでも検索できる。Cubaseで作曲しているアーティストって誰がいるんだろう?と調べる時にも役立つ。

試しにZeddの使用する機材を見てみよう。


まず最初のセクションはスタジオで使用している機材が表示されている。各機材にはちゃんと出典元が明記されているので、信憑性も高い。
ZeddになりたければCubaseで作曲してPro Toolsでボーカルを録音すればいいことが一目でわかる。



次のセクションではZeddがライブで使用する機材、その他使用が確認されている機材が掲載されている。
その他にもコカ・コーラやPS Vitaなど、単純にZeddが好んでいるアイテムというどうでもいい情報までもあるのが驚きだ。

その下にはアーティストの関連動画・関連アーティストのセクションがあるが割愛する。

音楽アーティストのみならず、アスリートの使用するアイテムも見れる。
例えば、F1ドライバーのフェルナンド・アロンソのページなど、アスリートや挙句の果てにはタトゥーアーティストのページなんかも用意されているのだ(とは言っても、音楽アーティストに比べればとても情報は乏しいが)。


中にはその機材を使用しているソースがないものも掲載されているので、正しいものかどうかを自身で判断する必要があるので注意したいところである。

Discogsはアーティストの楽曲、Equipboardはアーティストの機材を手軽に、詳しく、(出典元が示されてれば)正確に知ることができ、これまで以上にあなたの音楽ライフが充実すること請け合いだろう。

<UPDATE>
2014/02/08: 少し情報が古かったので全面的に記事を見直しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿